Búsqueda personalizada

martes, 3 de marzo de 2009

The Curious Case of Benjamin Button

ベンジャミン・バトン 数奇な人生
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
The Curious Case of Benjamin Button
監督 デヴィッド・フィンチャー
製作 キャスリーン・ケネディ
フランク・マーシャル
セアン・チャフィン
脚本 エリック・ロス
出演者 ブラッド・ピット
ケイト・ブランシェット
音楽 アレクサンドル・デプラ
撮影 クラウディオ・ミランダ
編集 カーク・バクスター
アンガス・ウォール
配給 パラマウント映画
ワーナー・ブラザーズ
公開 2008年12月25日
2009年2月7日
上映時間 167分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
制作費 $160,000,000
allcinema
IMDb
表・話・編・歴
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(The Curious Case of Benjamin Button)は、2008年のアメリカ映画。F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説をもとに、デヴィッド・フィンチャーが映画化。なお、フィンチャーと主演のブラッド・ピットの二人にとっては『セブン』『ファイト・クラブ』に続くコンビ作品となった。

第81回アカデミー賞では作品賞を含む13部門にノミネートされ、美術賞、視覚効果賞、メイクアップ賞を受賞。

目次 [非表示]
1 ストーリー
2 キャスト
3 スタッフ
4 主な受賞
5 製作の背景
6 外部リンク



[編集] ストーリー
この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
1918年のニューオーリンズ。80歳の姿で生まれた赤ん坊はある施設の階段に置き去りにされていた。黒人女性のクイニーはその赤ん坊を拾い、ベンジャミンと名付け、自身が働く老人施設でベンジャミンを育てる。ベンジャミンは成長するにつれ若返っていった。

1930年の感謝祭でベンジャミンは少女デイジーと出会い、ふたりは心を通わせた。


[編集] キャスト
ブラッド・ピット:ベンジャミン・バトン
ケイト・ブランシェット:デイジー
ティルダ・スウィントン:エリザベス・アボット
ジェイソン・フレミング;トーマス・バトン
イライアス・コティーズ:ムッシュ・ガトー
ジュリア・オーモンド:キャロライン
エル・ファニング:6歳の時のデイジー
タラジ・P・ヘンソン:クィーニー
フォーン・A・チェンバーズ:ドロシー・ベイカー
ジョーアンナ・セイラー:キャロライン・ボタン
マハーシャラルハズバズ・アリ
ジャレッド・ハリス:マイク船長
デヴィッド・ジェンセン
テッド・マンソン
トム・エヴェレット

[編集] スタッフ
監督:デヴィッド・フィンチャー
製作:キャスリーン・ケネディ、フランク・マーシャル、セアン・チャフィン
脚本:エリック・ロス
撮影:クラウディオ・ミランダ
VFX:デジタル・ドメイン
プロダクションデザイン:ドナルド・グレアム・バート
編集:カーク・バクスター、アンガス・ウォール
音楽:アレクサンドル・デプラ
衣裳デザイン:ジャクリーン・ウェスト

[編集] 主な受賞
オースティン映画批評家協会賞:助演女優賞
ヒューストン映画批評家協会賞:助演女優賞、撮影賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー:監督賞、脚本賞
バンクーバー映画批評家協会賞:監督賞
ワシントンD.C映画批評家協会賞:美術賞
英国アカデミー賞:メイクアップ&ヘアー賞、美術賞、特殊視覚効果賞
全米美術監督組合賞:美術賞(時代映画部門)
アカデミー賞:美術賞、メイクアップ賞、視覚効果賞

[編集] 製作の背景
70年代にスティーブン・スピルバーグの監督デビュー作として企画されていたが、当時の特殊効果では不可能とされ断念。90年代にも同監督とトム・クルーズで再度、企画されていたが現実化される事はなかった。

撮影は2006年11月から2007年3月にニューオーリンズで、その後2ヶ月間ロサンゼルスで行われた。

世界で初めてコンツアーシステムを導入。全く異なる人間同士を一人の人間として合成出来る画期的なシステム。本編では老化したブラッド・ピットの顔だけを切り取り、別の役者の胴体と繋ぎ合わせる事に成功。画面を見ただけでは合成とは全く判らないほどの精巧な映像化を実現した。アップル・コンピュータの元技術者が独自に開発し、この映画で採用された。


[編集] 外部リンク

No hay comentarios:

Publicar un comentario en la entrada